シミを消す方法

シミを消すのにおすすめの 化粧品を紹介したいと思います。

 

紫外線を浴び続けると気になるのが日焼け。
日焼けで気にするのは、やっぱりシミなんですよね。
そんなシミを消す化粧品を求めてジプシーを続けているあなたへ、
シミ消しに有効な成分をご紹介します!

 

化粧品を買う時に目を凝らして、どのような成分が配合されているのか、
そしてその配合量は?などを大いに気にしてください。

 

効果があると評判のアイテムをランキングにして見ました!

 

 

【シミに有効とされる成分】

 

 

シミの深刻度は3パターンに分かれます。
パターン1:日焼けで角質層にできてしまうシミ
パターン2:遺伝や生活習慣でできてしまうシミ
パターン3:内臓疾患によって身体の中から出てくるものや
日焼けダメージが真皮まで達してしまったシミ

 

以上の内、パターン2までのシミは日々のスキンケアによって
薄くしたり消すことができるものもあります。
パターン3のシミの場合は、外側からのケアでは残念ながら消すことはできません。
美容皮膚科での治療や内臓疾患の根本治癒が必要となります。

 

 

パターン1と2のシミを消すのに有効な化粧品に含まれている成分とは?

 

・ビタミンC誘導体
 身体には良いビタミンCですが、肌からの吸収が難しく酸化して
逆にダメージを与えてしまう性質を、安定化させたものです。

 

 注意点:ビタミンC誘導体には種類があります。
  水溶性ビタミンC誘導体(主に化粧水に配合)では、「リン酸型ビタミンC誘導体」がお勧めです。
  油溶性ビタミンC誘導体(主にジェルやクリームに配合)では、
VCIPと呼ばれる「イソパルミチン酸型ビタミンC誘導体」がお勧めです。
 両親媒性ビタミンC誘導体はAPPSと呼ばれ、現在注目を浴びています。
 水溶性。油溶性両者の特長を受け継ぎ、欠点を補っている新しいビタミンC誘導体の型となります。

 

・ハイドロキノン
 海外ではメジャーだった美白の王道とも言える成分のハイドロキノンが、
日本に入ってきたのは1980年に入ってからです。
 美白化粧品に配合されるようになったのは2001年から。
 他の美白成分が予防的に働くのに対して、ハイドロキノンは
積極的にできてしまったシミを消す方向で効果を発揮するので、
結果を求める人から支持を得てきました。
 注意点:ハイドロキノンの配合量を気にしてチェックしましょう。
  シミを消すことからお肌の漂白剤と位置付けられるハイドロキノンですが、刺激が強いのも特徴です。
  そのために化粧品に配合されている場合は、その配合量を注意して見てください。
  目安としては皮膚科医の処方でも4.0%までを保険適応内としていることからも、
セルフケアで使用する場合は4.0%を超えないようにしましょう。

 

 

 

 

シミ対策

透き通る白いお肌は、遠い昔から洋の東西を問わずにあこがれの的でした。
紀元前の古代ローマには、すでに美白によるシミ対策の概念があったようです。
日本でも薬草やうぐいすの糞を使った美白で、お肌を健やかにするという美容法があったことはご存知でしょう。

 

しかし、遠い昔はスキンケアによるシミ対策よりも、化粧によるシミ対策でお肌のアラを隠すことが主流でした。
そのお白粉に使われていた有害成分で、健康を害し命を落とすこともあったほど。
当時の人たちは、その事実を知ってもなお白粉を使ったのでしょうか?

 

幸い現代では健康と引き換えにするような美容法やシミ対策は淘汰されてきました。
今、私たちにできるシミ対策は、理に適ったものであり医学的根拠のあるものです。
それだけに早くからシミ対策をやってきた人と、そうでない人との間には大きな差が出てしまうことも。
あなたのシミ対策は万全ですか?

 

基本的なシミ対策

 

  • 有害な紫外線を知る

 「紫外線」というとイコール太陽の光だと勘違いしている人がいるようです。
 厳密には、太陽光に含まれている数パーセントの光が「紫外線」なのです。
 紫外線には波長の長いUV−A波と短いUV−B波の他、
近年では波長が最も短くてその分被害が深刻なUV−C波も確認されています。

 

 これらは地球を覆う天然の日焼け止めとも言えるオゾン層が破壊されているため、
地上にまで届いてしまっているのだそうです。
 そのために季節や天候に関係なく、1人1人が紫外線対策をしなければいけないのです。

 

  • お肌の新陳代謝を知る

 ターンオーバーといいますが、同じお肌でもその部位によってターンオーバーの周期は違います。
 身体の中心部ほど周期は短く(28日から40日)、末端に行くほど遅くなります(30日〜60日)。
 また年齢によっても変わってくるもので、20代前半を過ぎると周期はなだらかに遅くなっていきます。
 ターンオーバーを整えることは、シミ対策の基本になります。

 

  • 生活習慣の見直しをする

 質の良い睡眠、豊富なビタミンとミネラル、充分な水分、自分に合ったストレス解消法など。
 生活習慣の悪癖は、健康だけでなく美肌やシミ対策にも不可欠です。

美白化粧品によるシミ対策

 

シミ対策のためにもうひとつできることがあります。
それが美白化粧品を使って、シミ予防をすること、シミの原因を改善に導くことです。
美白化粧品には2種類あります。

 

・化粧品
 一般的に美白対策に効果が期待できるとされる成分を使ったもの
・医薬部外品(薬用化粧品など)
 厚生労働省が美白に一定の効果があることを
認めた成分を使っていて、認可を受けているもの

 

 

肌が少し痛む、痒くて仕方ない、
発疹が見られるようになった、といった悩みで困惑しているのでは??
万が一当たっているなら、昨今目立ってきた「敏感肌」に陥っているかもしれません。
どんな美白化粧品にしたらよいか踏ん切りがつかないなら、
手始めにビタミンC誘導体がプラスされた化粧品を使ってみてください。
ビタミンC誘導体は、チロシナーゼがメラニン生成をするのを阻害する働きをしてくれます。

 

くすみとかシミを作り出してしまう物質の働きを抑制することが、必要不可欠です。
そういうわけで、「日焼けして黒くなっちゃったから美白化粧品で元に戻そう!」というのは、
シミの手当てで考えると結果は出ないと思います。
お肌の周辺知識から日常的なスキンケア、タイプ別のスキンケア、
その他成人男性のスキンケアまで、多角的に丁寧にお伝えいたします。

 

年齢を積み重ねればしわが深くなるのはどうしようもなく、
残念ですが固着化されて劣悪な状態になることがあります。
そういった場合に表出したひだもしくはクボミが、表情ジワへと変貌を遂げるのです。

顔のシミ取り

シミは体中どこにでも出来る可能性があります。
中でも顔やデコルテ、腕や肩などは露出も多く、紫外線を直接受けやすいのでシミができやすい箇所といえます。
美容クリニックなどでも、顔のシミ取りを希望する患者さんはとても多いのだそうです。
確かに顔はシミがとても目立つ場所ですよね。
そこに出来てしまったシミを取りたいと希望するのはよく理解できます。

 

では、美容クリニックや皮膚科ではどのような方法で、顔のシミ取りをしているのでしょうか?

美容クリニックや皮膚科でのシミ取り

 

 

  • 外用薬を使う

 市販の化粧品では手に負えないシミに対しても、医師が診断して処方する外用薬を試す価値は充分にあります。
 なぜなら医薬部外品や一般化粧品では、その配合量の上限が決められている成分でも医師の処方で濃度を上げることができるからです。
 例:ハイドロキノンやトレチノインなど。

 

  • 内服薬を使う

 体内からシミにアプローチできる内服薬は、顔のシミ取りにも選択されます。
 一般で販売されているサプリメントと違い、その人個人に合わせた適量を処方してもらえます。
 通常では、外用薬と併用する方法でシミに対しての治療を行うようです
 例:ビタミンC誘導体、トランサミンなど。

 

  • 注射や点滴

 直接血管に有効成分を投入することで、シミ取り効果を早めることができるそうです。
 またシミだけではなく、エイジングケア全般に効果がある成分なので、シミ取りだけでなくシワやたるみにも内服薬よりも即効性があります。
 例:ビタミンC、プラセンタ、各種ビタミンなど

 

  • 医療ピーリング

 一般では使用できない量の薬剤を使ったケミカルピーリングです。
 例:グリコール酸、乳酸など。

 

  • レーザーやフォト(光)を使う

 無痛から多少の痛みを伴うものまで、皮膚の外側からシミ取りをします。
 効果としては一番即効性があります。
 例:IPL光照射、YAGレーザーなど。

 

シミの特定

 

これらの治療を行うためには、美容クリニックや皮膚科では、まずシミの症状や状態を診察して種類を特定します。

 

顔に出来るシミは主に6つ

 

  • 老人性色素斑:日焼け記憶シミとも呼ばれ、加齢と共に浮かび上がってきます。
  • 脂漏性角化症:出っ張りシミとも呼ばれ、良性の皮膚腫瘍ですが紫外線に当てるとどんどん色素沈着が進みます。
  • 雀卵斑:ソバカスとも呼ばれ、遺伝によってもたらされるシミのひとつです。
  • 炎症性色素沈着:肌荒れ記憶シミとも呼ばれ、同じところにダメージを受け続けることでシミになります。。
  • 肝斑;ぼんやりシミとも呼ばれ、女性ホルモンや肝機能が影響しているといわれています。
  • 花弁上色素斑:強烈日焼けシミとも呼ばれ、短時間に強い紫外線にさらされることにより、

    真皮までダメージが届くことで起きるシミです。

 

シミを消す方法

 

 

メーキャップを残らず無くしたいと思って、オイルクレンジングを用いる方が多いようですが、
断言しますがニキビあるいは毛穴で苦労している場合は、用いない方が賢明だと断言します。
お肌のトラブルをなくしてしまう注目されているスキンケア方法をご案内します。
根拠のないスキンケアで、お肌の現状を進展させないためにも、的を射たケアの仕方をものにしておくことが大切です。
アトピーで悩んでいる人は、肌を傷めると考えられる内容物が混ぜられていない
無添加・無着色かつ香料でアレンジしていないボディソープを用いることが一番です。
乾燥が肌荒れの元凶になるというのは、改めて説明しなくても大丈夫でしょう。
乾燥することによって肌にとどまっている水分が減少し、皮脂の分泌も減少してしまうことで、肌荒れに見舞われます。
本質的に乾燥肌というのは、角質内にあるべき水分が抜けきってしまっており、皮脂についてもカラカラな状態です。
艶々感がなく引っ張られる感じがしますし、少々の刺激でもまともに受ける状態だということです。

 

世の中でシミだと決めつけているもののほとんどは、肝斑だと判断できます。黒く嫌なシミが目の上であったり頬の周囲に、左右同時に現れてくるものです。
ピーリングをやると、シミが発生した時でも肌の生まれ変わりを助長するので、美白の為のコスメティックに足すと、
双方の作用により更に効果的にシミを取り除くことができます。
美白化粧品に関しましては、肌を白く変えると考えがちですが、実はメラニンが産出されるのをコントロールしてくれる働きをします。

 

従ってメラニンの生成が原因となっているもの以外は、普通白くすることは無理です。
ドラッグストアーなどで買えるボディソープの原材料の1つとして、
合成界面活性剤を使用する場合がほとんどで、それにプラスして香料などの添加物も入っています。

 

お肌の現況の確認は、日中に2〜3回行なわないといけません。洗顔をした後は肌の脂分を取り除くことができ、
いつもとは違った状態に変わることになるので、スキンケアには洗顔前の確認が大切になります。