シミ 美容液について

あなたは基礎化粧品に美容液を使っていますか?
そもそも「美容液」とは、スキンケアにおいてどのような役割を果たすものなのでしょう。
化粧水や乳液に対して、美容液は容量が少ない上にお高いですよね。
その分、なんとなく高級感もありシミやアンチエイジングなどに期待できそうなイメージもあるのではないでしょうか。
けれど、イメージや漠然とした高級感だけでは、正しい美容液や今のシミ対策に必要な美容液を見逃してしまうかも!?

 

せっかく使う美容液なら、目的に合った成分を配合しているものを選びたいですね。

 

美容液とは?

 

スキンケアに求める目的に合わせて、ピンポイントで働きかける成分を濃縮したものと考えましょう。
化粧水や乳液にも、様々なスキンケア成分が配合されていますが、その守備範囲は広く有効とされる成分の含有量は、どうしても他とのバランスを取った配分になっているようです。
その点、美容液はシミならシミに、ニキビならニキビにといったように、ピンポイントでトラブルシューティングができるものです。
化粧水や乳液では足りなないものを、補うアイテムだと理解していいでしょう。

 

また、美容液には2タイプあるようです。
・基礎化粧品のラインの中に組み込まれているもの。
・単品で販売されていて、プラスワン・アイテムとして日々のお手入れに組み入れるもの。

 

美容液の種類

 

美容液にはどんな種類があるのでしょう。
・シミ対策:メラニン色素に働きかけるビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合されています。
・しわ対策:EGFやコラーゲンなどが有名な成分です。
・乾燥対策:ヒアルロン酸、セラミド、スクワランなど保湿に長けた成分が配合されています。
・美白対策:ハイドロキノン、ルシノールなどシミ対策としても使えます。
・ニキビ対策:サリチル酸やリン酸アスコルビルNaのように抗酸化作用や殺菌作用のある成分が含有されています。

 

美容液を使う時の注意

 

美容液は美容成分がギュッと濃縮されているため、ついその効果を早く得たくて徐々に1回の使用量が増えていってしまうことがあるようです。
例えばシミを消したくて、美容液の重ね付けなんてことをしていませんか?
これはNGですよ。
成分が濃縮されているからこそ、美容液は1回の使用量に注意が必要です。
また、使う順番を間違えるとせっかくの美容成分が、充分に役割を果たせなくなってしまうので注意してください。
一般的に美容液は、化粧水と乳液の間に使用します。
ライン使いのものは説明通りの順番を優先しましょう。

 

美容液でのスペシャルケアで、気になる肌トラブルのシミや美白に挑戦してみましょう!

 

シミにおすすめの美容液記事一覧

シミをケアすることを諦めてしまったあなたに。ビーグレンの「キューソームホワイト」は、最後のチャンスかもしれません!こんなシミ常識にとらわれていませんか?・シミは薄いうちにケアすれば何とかなるけど、年季の入ったシミや濃いシミは化粧品ではどうにもならない。・そもそも美白化粧品は、将来のシミに対して予防的に有効なもので、現在のシミに効果のあるものはほとんどない。・敏感肌は美白化粧品の成分に反応して肌荒れ...

ロスミンローヤルは見た目年齢を内側から改善する「女性用保健薬」です。1日3回3錠ずつを食後に服用する「医薬品」なので、用法容量をお守りください。※ロスミンローヤルは、サプリメントではありません。女性の美しさは生き方や考え方だけでは成り立たないのが現実。悔しいけれど、美人は見た目も美しいのです。それは年齢を重ねるほどに思い知らされる事実でもあります。しかし、ちょっと待ってください、あなたと同い年なの...

敏感肌の人は美白化粧品が使えない!?これは敏感肌共通のお悩みのようです。実際、一部の美白化粧品の成分や構造上、肌が弱い人が使うとシミやくすみを美白するより前に、その刺激の強さに肌が反応してしまう例が多いようです。そんな敏感肌が持つデリケートな悩みに応えるべく、ポーラ・オルビスグループのディセンシアから「サエル」美白ケアラインが登場しました。敏感肌の4つの悩み敏感肌の悩みは多岐に渡りますが、ここでは...

「赤のチカラ」が印象的な富士フィルム化粧品アスタリフトから出ているホワイトニングラインのご紹介です。突然ですがあなたは今の美白ケアに満足していますか?富士フィルムが行ったアンケート調査によると、なんとその69.9%の女性が「満足していない」と答えたそうです。約3割の人しか美白ケアによる満足感を得られていなかったんですね。富士フィルムのアスタリフト開発チームはその原因を調べて、自社で発売する美白化粧...