顔のシミの原因

少し前までは、一般的に顔や身体にできるシミの原因は、そのほとんどが太陽光に含まれる紫外線を浴びることだと認識されていました。
もちろん、それは今も変わらないシミの原因のひとつですが、実は顔や身体のシミの原因は他にもあることをあなたはどのくらいご存知ですか?

 

えっ!?そんなことがシミの原因になるの?

 

シミの原因といえば、真っ先に思い浮かぶのが真夏のギラギラした太陽。
そしてその太陽から降り注ぐ紫外線ではないでしょうか。
日焼け止めクリームに留まらず、UVカット加工された衣類や帽子、手袋などグッズも豊富に売られていますよね。
しかし、顔や身体のシミの原因は、肌に直接関わる紫外線ばかりではありません。

 

見落としていませんか?シミの原因

 

・目から入る紫外線がメラニン色素を発生させてシミを作る。
 知っている人は知っている目からの紫外線の怖さ。
 目や唇も肌と同じように外気にさらされている部分です。
 そのため紫外線でダメージを受けると防衛機能が働いて、セッセとメラニン色素を作り出してしまうのです。
 対策:サングラス、日傘など

 

・日焼け止めの成分がシミをつくる。
 主に紫外線吸収剤を用いた日焼け止めクリームに当てはまるそうです。
 特定成分にアレルギー反応を起こしていることに気付かず、長く使い続けていると色素沈着が起きてしまいます。
 例:パラアミノ安息香酸系、ウロカニン酸など
 対策:指数の高い日焼け止めを避ける、紫外線吸収剤を使わないマイルドな日焼け止めを使う

 

・メイクに使われている成分がシミを作る。
 無添加化粧品というと肌に優しいイメージですよね。
 しかし、無添加であっても使われているのがマイカなどに代表される鉱物。
 これらには金属塩が含まれているため、長時間の使用となると皮脂により溶けだしてシミやくすみの原因になることも!
 対策:メイクは毎日しっかり落とす、自分の肌に合わせたメイク成分を使う

 

・シャンプーに入っている成分がシミを作る。
 パラベンでアレルギー反応を起こす人が多いことは、最近では良く知るところとなりました。
 そのため防腐剤にパラベンを使わず、代わりにフェノキシエタノールを使うシャンプーが増えていますが、残念なことにこちらも石油系防腐剤。
 またラウレス硫酸やオレフィンスルホン酸系の成分も、美容意識の高い人たちの嫌われものとなっている理由のひとつに、シミの原因があります。
 対策:直接肌に付けるシャンプーやボディーソープは、成分をよく吟味する

顔のシミの原因記事一覧

「顔のシミを消したい」という願いは、時に思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあります。記憶に新しいところでは、カネボウが開発した美白成分ロドデノールが原因とされる白斑被害ではないでしょうか。あの事件は、顔のシミを消したいと悩んでいる人たちにとって、大きなショックを与えた一件だったと思います。白斑とは?顔や身体に白い斑点がまだら状にできたり、一部分がすっぽり脱色されている状態です。先天性と後天性があ...

ストレスは万病の元のように言われていますが、残念なことにシミやシワといった肌老化にも、ストレスは関わっていることが明らかになっています。この「ストレス」という概念そのものの歴史は浅く、もともとは物理学の用語だったのだそう。それを人体に当てはめて医学上で使い始めたのは、1930年代に発表された「ストレス学説」(生理学者ハンス・セリエ博士著)が広まってから後のことでした。日本で一般的にストレスという言...