シミを消す方法はどんなのがあるの?

気を付けていても、ついうっかりしてシミができてしまうことってありますよね。
そんなできてしまったシミを消す方法はあるのでしょうか?
「できたシミを消す方法は、皮膚科治療しかない」と言う人もいますが、果たしてそうなのでしょうか。
もしもセルフケアで、できてしまったシミを少しでも消すことができれば嬉しいですよね!

 

そんなシミを消すセルフケアの方法を調べてみました。

 

有効成分が配合された美白化粧品を使ってシミを消す方法

 

まずはセルフケアの王道、自宅でできるスキンケアです。
今使っている化粧品をチェックしてください。
その化粧品には、シミを消すのに有効な成分が配合されていますか?
美白化粧品だからといって、全ての化粧品ができてしまったシミに対して有効だとは限りません。

 

ほとんどの美白化粧品は、シミを作らないように働きかけるシステムが多いのです。
できてしまったシミに対応できるのは、次の成分が配合されているものが望ましいといえるでしょう。

 

  • ビタミンC誘導体:抗酸化作用やコラーゲン生成効果のあるビタミンCを安定させたもの。
  • アルブチン:メラニンがこれ以上作られることを阻止する効果がある成分です。
  • イソフラボン:女性ホルモンに似た働きをすると言われるイソフラボンに含まれる成分がメラニン生成を抑制します。
  • ハイドロキノン:お肌の漂白剤とまで言われて、できてしまったシミを消すのに有効ですが含有の上限が設けられています。
  • ヒト型セラミド:肌細胞の間で保水力を高めることで、ターンオーバーを促しシミを排出しやすくします。
  • アスタキサンチン:抗酸化作用が高く、老化を遅らせる作用があります。
  • 甘草エキス:皮膚科でもシミ治療に用いられる成分ですが、由来は生薬です。

 

肌のターンオーバーでシミを消す方法

 

できてしまったシミは、その部分のお肌の代謝(ターンオーバー)が乱れていることがあります。
そのターンオーバーをセルフケアでサポートして、肌の詰まりを取り去ってデトックスしやすい状態に戻してあげましょう。
そのために有効な方法は・・・

 

  • ピーリング:ハードなものは避けて、マイルドピーリングで硬くなった角質を剥がします。
  • 保湿:乾燥気味になっているお肌は、ターンオーバーが乱れたり送れるようになって、シミが濃くなってしまいます。
  • 生活習慣:食生活だけでなく睡眠や適度なストレス解消は、健康なお肌作りにも大切です。

 暴飲暴食や喫煙などの悪癖は、これを機会に少しずつ減らしていくことをお勧めします。

シミを消す方法記事一覧

紫外線対策は何をしていますか?シミは出来てから消すより、シミになる前の対策が大切ですよね。今や太陽から発せられる紫外線は、急激に増加しつつあるのだということは周知のこととなりました。その為、赤ちゃんから年配者まで年齢に関係なく、365日紫外線対策には気を配りたいものですね。紫外線の悪影響は健康面だけではなく、美容面でも深刻なトラブルを起こします。紫外線による美容トラブル有害な紫外線による美容面での...

最近では環境への意識の高まりから美白化粧水を手作りにする人も珍しくありません。また、体内に摂り入れてその成分を有効活用するには、お茶として飲むことが一般的でしょう。その材料となるのが美容や健康に良いとされる生薬やハーブです。料理の風味づけや臭い消しにも役立つハーブの中でも、特にシミに効果があるとされているものをご紹介しています。●クマコケモモ:ツツジ科 別名「ウワウルシ」とも呼ばれていますが、触る...